イタリア

グイド・ゴビーノ Guido Gobino

グイド・ゴビーノ  Guido Gobino はイタリアのトリノにある父のチョコレート工房に1985年から参加。
トリノの伝統的なレシピを再現して とても美味しいチョコレートを作っています。

オリーブオイルと海塩入りの「クレミーノ・アル・サーレ( Cremino e Sale) 」は2008年のロンドンのアカデミー・オブ・チョコレート(Academy of Chocolate) で世界ベストプラリネ(Best Filled Praline or Bonbon) でGold に選ばれました。

イタリアの商品情報

TOURINOT N.10、GIANDUJOTTO CLASSICO、
GIANDUJOTTINO TOURINOT、TOURINOT MAXIMO、GIANDUJOTTO MAXIMO、MAXIMO +39、CREMINO CLASSICO、CREMINO FONDENTE





2018年2月にタカシマヤ楽天市場店からお取り寄せしたグイド・ゴビーノのゴビーノクラシコ16です。

ゴビーノクラシコ16 はトリノ本店の看板商品でトリノット、トリノットマキシモ、クレミーノ、チャルディーナ70%と75%の組み合わせです。

四角いチョコレートは約2.0×2.0x1.4cmぐらいの大きさです。
丸いチョコレートは直径 約3.0×0.6cmぐらいの大きさです。

銀色のアルミで包まれたTOURINOT MAXIMOは一粒食べただけで満足できる濃厚なお味♪
TOURINOT MAXIMOはTourinotよりもヘーゼルナッツの含有量が多いのが特徴です。
ジャンドゥーヤが好きな私には幸せなチョコレートです♪

丸いチョコレートのDARK CHOCOLATE BLEND 75% CIALDINAは最も良い香りの南米のカカオを使用して作らています。
微かな酸味と深い味わいでとても美味しいチョコレートです。

オリーブオイルと海塩入りの人気のクレミーノ・アル・サーレ (四角の赤い包装紙) もとても美味しゅうございました♪
一粒 食べたらとても幸せ気分です♪

原材料名・・砂糖、カカオマス、ヘーゼルナッツ、ココアバター、全粉乳、バター、ココアパウダー、オリーブオイル、コーヒー、食塩、香料、乳化剤(原材料の一部に大豆を含む)

原産国名・・イタリア
輸入者・・ブリケッラ日本有限会社
群馬県前橋市千代田区3-8-3

グイド・ゴビーノ のイタリアの公式サイトはこちら


スポンサーリンク

関連記事

  1. イタリア

    イタリアのお菓子・チョコレートの老舗ブランド

    イタリアの老舗のお菓子のブランド&ショップを集めてみました。イタリ…

  2. アンティーカ・トロネリア・ピエモンテーゼ

    イタリア

    アンティーカ・トロネリア・ピエモンテーゼ Antica Torroneria Piemontese…

    イタリアのピエモンテ州にあるアンティーカ・トロネリア・ピエモンテーゼ …

  3. ザイーニ

    イタリア

    Zaini ザイーニのジャンドゥイオットとコーヒーチョコレート

    イタリアのミラノのZaini ザイーニはLuigi Zaini氏が19…

  4. Venchi

    イタリア

    Venchi ヴェンキのGIANDUJOTTO ジャンドゥイオット

    イタリアのトリノのVenchi ヴェンキはシルビアーノ・ヴェンキ氏が…

最近の記事

  1. パトリック・ロジェ

楽天モーションウィジェット

  1. フランス

    スクレ ドゥ カカオ Secret de cacao
  2. ガレー タブレットチョコレート

    ベルギー

    Galler ガレーのタブレットチョコレートの実食レビュー
  3. 日本

    Morozoff モロゾフ のゴールデンファンシーチョコレート
  4. 京都府

    マリベルのポップな可愛らしいチョコレート MarieBelle
  5. ブランド名

    バレンタインチョコレート ブランド名 ひ
PAGE TOP