日本

メリーチョコレートのファンシーチョコレート Mary’s FANCY CHOCILATE

メリーチョコレート Mary Chocolateは1931年創業のモロゾフで20年働いていた原堅太郎氏が東京で1950年 (昭和25年)に創業したチョコレートメーカー。
1958年(昭和33年)には日本で初めて 女性から男性にチョコレートを贈るバレンタインデーを提唱したと言われています。

◇メリーチョコレートのチョコレートはメリーチョコレート楽天市場店Mary’s Online shop Yahoo!ショッピング店からお取り寄せできます◇

◇ファンシーチョコレート・・お酒を使用せずに 小粒で可愛らしいチョコレートの組み合わせ

ミルク、抹茶ラテ、マンゴー、バニラ、スイート、ココナッツ、アーモンドクランチ、キャラメル、ジャンドゥーヤ、紅茶、クリスプジャンドゥヤ、コーヒー、
ハイミルク、アーモンドカップ、ビター、ストロベリー





2017年11月にメリーチョコレート楽天市場店からお取り寄せしたメリーチョコレートのファンシーチョコレート12個入りです。

箱全体がビニールで包まれているので ビニールを開封して箱を開けると よい香りがします。

ファンシーチョコレートは16種類ありますが、その内の12種類が入っています。
バニラ、アーモンドクランチ、ビター、スイート、ミルク、ハイミルク、アーモンドカップ、ココナッツ、ジャンドゥヤ、抹茶ラテ、マンゴー、キャラメルの12種類が入っています。

四角いジャンドゥヤは約2.5×2.5×1.2cmの大きさです。
一番小さな丸いビターは直径 約2.1×1.0cmの小さめのかわいらしい大きさです。

ファンシーチョコレートは小さくて食べやすいお味が多いので コーヒーを飲みながら 2~3個 一度に食べてしまいました。
この中では 私はジャンドゥヤが気に入りました♪

製造者・・㈱メリーチョコレートカムパニー  国産


スポンサーリンク

関連記事

  1. 日本

    Morozoff モロゾフ のフェイバリットチョコレート

    Morozoff モロゾフは神戸市で昭和6年(1931年)にロシア人の…

  2. セバスチャン・ブイエ

    日本

    セバスチャン・ブイエ Sébastien BOUILLET

    セバスチャン・ブイエ Sebastien BOUILLETはフランスの…

  3. 日本

    Mary’sメリーチョコレートの ショコラ セレクション

    メリーチョコレート Mary Chocolateは1950年(昭和25…

  4. 日本

    メリーチョコレートのエスプリ ド メリー Mary’s ESPRIT DE MARY …

    メリーチョコレート Mary Chocolate は1950年(昭和2…

  5. ル・ショコラ・アラン・デュカス

    日本

    ル・ショコラ・アラン・デュカス LE CHOCOLAT ALAIN DUCASSE

    アラン・デュカス ALAIN DUCASSE はフランス、モナコ、ロン…

  6. MooMin x Marry’s

    日本

    MooMin x Marry’s ムーミン x メリーチョコレート

    メリーチョコレート Mary Chocolateは1950年 (昭和2…

最近の記事

  1. ガレー タブレットチョコレート
  2. ダーデン 有機チョコレート
  3. Julien Dechenaud ジュリアン・デシュノ
  4. Laurent Gerbaud Chocolatier ローラン・ジェルボー
  5. ショコラ・エ・ショコラ
  6. ベルアメール
  7. グイド・ゴビーノ

人気のチョコレート♪

  1. イタリア

    グイド・ゴビーノ Guido Gobino
  2. アメリカ

    ディック・テイラー クラフトチョコレート  Dick Taylor CRAFT …
  3. グイド・ゴビーノ

    お取り寄せ

    サロン・デュ・ショコラ 2021の参加ブランド2
  4. お取り寄せ

    サロン・デュ・ショコラ 2018の参加ブランド3
  5. ダーデン 有機チョコレート

    フランス

    Chocolate Dardenne ダーデン 有機チョコレートの実食レビュー
PAGE TOP